FC2ブログ

GR体験記

芦田やGRメンバーが皆さんに知ってもらいたい人・事柄を紹介することをメインとしたブログです。毎月1日更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回ORM(手術室マネジメント研究会)の振り返り

GR1号は、年末までに・・・を掛け声に色々仕事を詰めて、
自宅にもあまり帰れなかったのですが、
その反動でたまった家の仕事が、なかなかのボリューミーでして・・・
今度は、なかなかオフィスに行くことができず、
年始最初の仕事は、
オフィス冷蔵庫の賞味期限食品の整理からでした(涙;)

そんなわけで、まずは、11月11日に行われたORMの報告から・・・
ORMも、早いもので7回目。
昨年定めた重点テーマでも1巡ちょっとして、
今回のテーマ「データ分析」は、私の発表パートでもあって、
一旦これまでやってきたことをまとめる狙いのものでした。

しかも、今回は、倉敷中央の中山さんによるご発表も、
病院の企画スタッフがどこまで自院のデータを活用して
手術室運営に関われるかというテーマで、
「活用のための手術室データ」をどう捉えるか、
まさに集大成の内容となりました。

ORM予定

 私のパートでは、手術室分析の「教科書」となるべき、
各分析の提示と解説をするとともに、
今回の挑戦として、私が分析した「倉敷中央さん」の手術データでもって、
現場での実感はどうか?という現実との対照を行うために、
中山さんに隣に座ってもらってコメントをいただきながら、
合同プレゼンのような形で進行してみました。
これ、面白いんじゃないかなぁ(笑)

正直、今回終わって、やりつくした感というか、
自分の中の容器がいったん空っぽになったので、
また新たに積み上げていかなければと思っている次第です。

そして、手術室分析だけではありませんが、
病院にとって「データ分析」が本当の意味で根付くには、
まだまだ時間と分析の発展と、
院内外での変革が必要であるとも実感しました。

こうしたデータ文化の病院普及は、
ORMやGRの使命として、存在意義として、
心して今後も取り組みたいと感じた機会となりました。

皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://grules.blog.fc2.com/tb.php/72-82fc6921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。