FC2ブログ

GR体験記

芦田やGRメンバーが皆さんに知ってもらいたい人・事柄を紹介することをメインとしたブログです。毎月1日更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DPC雑談:効率性指数

人は、それぞれ、「喜びのツボ」が違うといいますか、
嬉しさを感じるもの・タイミング・感覚って、
違いますよね。
職業柄もあるでしょうし。

自分の場合は、
なんというか、
自分の頭の中にある「ぼんやりとした」伝えたいことを、
スライドに落とし込めた時に、
何とも言えない、嬉しい気持ちになって、
正直、他の方の評価云々は、
2の次だったりします・・・(笑)

ただし、これ、完全に自己満足の話でして、
他人にどう伝えるかを考え「なければいけない」、
プロの仕事としての話とは、
完全に次元の違う話なのは、
最初に断っておきますが。

これ、絵描きさんとか、写真家の方につながる感覚なのかどうかも分かりませんが、
そういうスライドが、コンサルの実績同様、
自分にとって、「作品」みたいな感覚なのかもしれません。

最近、説明していても、ややマンネリ化を感じていた
効率性係数・複雑性係数に
少し、自分なりに新風を吹かせられたので、
ちょっと気持ち良かったりします。

koritsu_keisu.png

効率性係数では、
地域医療構想の発想とリンクして、
同じ傷病患者さんを診ながら、
なぜ「効率性係数が高い」と、「急性期度が高い」と
言えるのかを、うまく切り取れたかなと。

hukuzatsu_keisu.png

複雑性係数については、
診療密度の話もそうですが、
同じ新入院患者数でも、
「複雑性係数」の高い・低いで、
急性期度が違うイメージを
伝えられるんじゃないかと・・・

ただし、これ、完全に自己満足の話です。

はい、スンマセン…
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://grules.blog.fc2.com/tb.php/70-5a942f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。