FC2ブログ

GR体験記

芦田やGRメンバーが皆さんに知ってもらいたい人・事柄を紹介することをメインとしたブログです。毎月1日更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DPC分科会とGRメーリングリスト

先日、厚労省にて行われたDPC評価分科会を傍聴してきました。毎回、いろいろなメディアからのニュースも拝読していたのですが、結局、部分的な内容や総括的なものになってしまっていて、一つ一つの内容の解説を求めるには、自分で聞いて、皆さんに伝えるほうが早いかなと思ったのが、参加し始めた動機です。
実際、何度か連続で傍聴するにつれ、なんとなく、DPC制度改定にまつわる流れとかそれぞれの事象の背景などが今まで以上に見えてきて、参加は有意義だと思っています。

そもそもGR1号は、DPCの仕組みが大好きで、今の時代にこんなの良く創れたなぁと関係された方々を敬服してしまいます。ロジカルでありながら柔軟さも併せ持っているといいますか、DPCに関わる人がこれだけたくさんいながら、それでも一貫性を持ちつつ、さらに、これからの使い方次第で、まだまだ変われる余地も残しているというのは、すごいことだよなぁと思うのです。
自分も、ITの発展がなかったら…と共に、DPCがもしなかったら…と考えると、今の仕事をできていたかどうか、甚だ疑問です。

それはそうと、先の分科会の簡単な要約を。
ひとつに、様式1を中心とした次改定時の様式変更案が少し紹介されました。やっぱり、今回改定の大きな目玉は、今まで、各調査項目が横に羅列される横もちだった様式1が縦もちになる話が進みつつあること。これは大きな変化で、電子カルテの各ベンダーさんや、多岐に広がりつつあるDPCシステムが対応できるのかなぁと少し心配してしまいます。ま、形以外に、内容が大きく変わるわけではないので、大丈夫かな?

DPC分科会3

※なんかいつもより盛況だなぁと思ったら、召集された病院の方々がいっぱい。あと、委員の先生方の出席率も通常よりよし(笑)

そして、今回は、特別調査、いわゆる病院ヒアリングが予告通り実施されました。これは、DPC制度を収集・統計処理を行う上で、通常の診療データと比べて特異的な傾向を示す数病院を、毎年定めるテーマに沿って召集し、分科会の会議の中で事情聴取しています。今回のテーマは、救急・ジェネリック・持参薬の3テーマでした。まぁ、それぞれに、常々言われているテーマであり、医療収入に直結する話であります。
内容について、うーん、聞いていて思うところはありますね・・・

詳細レポートについて、今回のDPC分科会報告書に限らず、こうしたレポートは、クライアント病院様、ベンチマーク参加病院様と共に、弊社メールマガジンに登録いただいた皆さんにもお送りしています。
GRが書く内容の特徴として、その会議で取り上げられたトピックは絞り込まずに幅広くカバーすることと共に、敢えて主観的に自分の私見も盛り込んだ内容を心がけています。ご興味がある方は、無料ですし、メールアドレスなど簡素な入力かつ、宣伝等は特にないサービスですので、ホームページトップ画面右下にある「メーリングリストのお申込み」より、ぜひご登録ください。

メーリングリスト
※申し込みは簡単ですよ!

それでは、今月もがんばりましょう!
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://grules.blog.fc2.com/tb.php/23-2b0b59c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。