FC2ブログ

GR体験記

芦田やGRメンバーが皆さんに知ってもらいたい人・事柄を紹介することをメインとしたブログです。毎月1日更新。

第28回DPCマネジメント研究会学術大会 ~DPC研究会15周年を迎えて~  開催のお知らせ

1年ぶりのブログ解凍というわけで、
DPCマネジメント研究会学術大会
のお知らせです。
http://www.dpc-management.com/academic/%e7%ac%ac28%e5%9b%9edpc%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%82%b8%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88%e7%a0%94%e7%a9%b6%e4%bc%9a%e5%ad%a6%e8%a1%93%e5%a4%a7%e4%bc%9a-%ef%bd%9edpc%e7%a0%94%e7%a9%b6%e4%bc%9a%ef%bc%91%ef%bc%95/

私も、質の指標シリーズの発表の最終回として、
周術期管理のパラメーター管理について、
お話ししたいと思います。

皆さん、こぞってご参加ください!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
第28回DPCマネジメント研究会学術大会
~DPC研究会15周年を迎えて~ 

開催日時
2019年8月31日(土曜日) 10:30~16:45

開催地
会場:明治大学 駿河台キャンパス
アカデミーコモン 2階「ビクトリーフロア 暁の鐘」

<プログラム>

10:30~10:40 開会の挨拶

10:40~11:40 講演1
「完成形を迎えたDPC下での診療提供の考え方」
座長:真野 俊樹(多摩大学 医療・介護ソリューション研究所 特任教授)
演者:小山 信彌(東邦大学医学部 医療政策・渉外部門 特任教授)

11:40~12:40 講演2
「当院薬剤部における地域連携を考えた連携の取組み~一人一人の相互理解から~」
座長:網岡 克雄(金城学院大学 薬学部 医療薬学 教授)
演者:飯塚 雄次(帝京大学ちば総合医療センター 薬剤部 部長)

12:40~13:25 ― 昼休憩 ※弁当有り ―

13:25~14:25 講演3
「DPCデータから見る重症度、医療・看護必要度II」
「DPCデータを用いた、周術期管理のベンチマーク評価」
座長:真野 俊樹(多摩大学 医療・介護ソリューション研究所 特任教授)
演者:大平 真也(DPCマネジメント研究会 理事)
演者:芦田 弘毅(DPCマネジメント研究会 理事)

14:35~15:35 講演4
「日本海総合病院における経営管理と課題
~地域医療連携推進法人設立の背景について」
座長:渡部 新太郎(多摩大学 医療・介護ソリューション研究所 副所長)
演者:栗谷 義樹(地方独立行政法人 山形県酒田市病院機構 理事長/病院医療統括監)

15:35~16:35 講演5
「DPCデータによる医療の質と地域医療の評価」
座長:山内 一信(医療法人 康誠会 東員病院・認知症疾患医療センター 院長)
演者:伏見 清秀(東京医科歯科大学大学院 医療政策情報学分野 教授)

16:35~16:45 閉会の挨拶
スポンサーサイト



ご無沙汰してます!おかげ様で8年目!!(7周年)

 いやはや、いやはや、時の経つのは矢のごとしでございまして、
ふと我に返って、前回更新のブログを見ると、
会社が7年目を迎えたとなってまして・・・(汗;)
今回、ちょうど8年目のタイミングでの更新となります。

 おかげ様で、8年目!色々な方に恩義をいただき、
仲間も増えてきました。本当に、感謝しています。

GR190704_2.jpg
※時代の波をサーフィン、サーフィン・・・(SHOWA調)

GR190704_3.jpg
※ずいずい、前へ前へ・・・(馬も)

 昨年の我が社の、スローガンは、「We Love Rock!!」。

201807.png


「ロックンローラーのように、ロックに生きたい。」
という願望の表れででもありますし、
「Rock」って、本来、「揺さぶる」っていう意味があるので、
「日本の医療は、まだまだこんなもんじゃない。
黒船も色々来るだろうし、
もっとみんなが変わっていかなければいけないだろうけど、
だから、素晴らしいんじゃないかと思うし、
そういう意味で、もっと新しい価値観を僕らが提示することで、
社会を揺さぶりたい!」。
そんな気持ちを込めてました。

でも、やっぱり、人間、反省することも大切で(笑)、
「どうかな~、そうした気持ちは持っていたのは
間違いないですけど、
まだまだ成し遂げられていないな~。悔しいなぁ。」
というのも正直な気持ちです。

もっと言えば、数年前から掲げている
第2ステージに向けたGRの「変化」という意味で、
まだまだ世の中の皆さんに示せていないと思い、
でも、確実に前には進んでいるので、
「焦燥感」と「手ごたえ」の狭間で行き来しているのが、
最近のGR1号の実感です。

 で、7月から始まった今年度のスローガンは、「Shake Up!」。

Shape UpのShapeじゃなくて、Shakeにしたのは、
当たり前ですけど、まだまだ現状に満足しないで、
もう一度というか、もう何度でもごちゃまぜにして、
試行錯誤して、結果、上を目指していく過程に
この1年をしていきたいという気持ちで命名しました。

GR190704_1.jpg

※1号が2019書いたら、小学生並みになってもうた~。

「社内においても、昨年の常識は、今年は通用しないぜ」ってことで、
メンバー一同、ゼロベースで頑張っていきたいと思います。

今年度もGRをどうぞよろしくお願いします!