FC2ブログ

GR体験記

芦田やGRメンバーが皆さんに知ってもらいたい人・事柄を紹介することをメインとしたブログです。毎月1日更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回ORM(手術室マネジメント研究会)の振り返り

GR1号は、年末までに・・・を掛け声に色々仕事を詰めて、
自宅にもあまり帰れなかったのですが、
その反動でたまった家の仕事が、なかなかのボリューミーでして・・・
今度は、なかなかオフィスに行くことができず、
年始最初の仕事は、
オフィス冷蔵庫の賞味期限食品の整理からでした(涙;)

そんなわけで、まずは、11月11日に行われたORMの報告から・・・
ORMも、早いもので7回目。
昨年定めた重点テーマでも1巡ちょっとして、
今回のテーマ「データ分析」は、私の発表パートでもあって、
一旦これまでやってきたことをまとめる狙いのものでした。

しかも、今回は、倉敷中央の中山さんによるご発表も、
病院の企画スタッフがどこまで自院のデータを活用して
手術室運営に関われるかというテーマで、
「活用のための手術室データ」をどう捉えるか、
まさに集大成の内容となりました。

ORM予定

 私のパートでは、手術室分析の「教科書」となるべき、
各分析の提示と解説をするとともに、
今回の挑戦として、私が分析した「倉敷中央さん」の手術データでもって、
現場での実感はどうか?という現実との対照を行うために、
中山さんに隣に座ってもらってコメントをいただきながら、
合同プレゼンのような形で進行してみました。
これ、面白いんじゃないかなぁ(笑)

正直、今回終わって、やりつくした感というか、
自分の中の容器がいったん空っぽになったので、
また新たに積み上げていかなければと思っている次第です。

そして、手術室分析だけではありませんが、
病院にとって「データ分析」が本当の意味で根付くには、
まだまだ時間と分析の発展と、
院内外での変革が必要であるとも実感しました。

こうしたデータ文化の病院普及は、
ORMやGRの使命として、存在意義として、
心して今後も取り組みたいと感じた機会となりました。

皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト

謹賀新年

おめでとう

2018年も幕開けですね。
昨年中も、たくさんの方に支えていただき、
心より感謝しています。

GRは、今年もワクワクを大事にしながら、
今手掛けている変革を、さらに推し進めたいと思います。
なかなか派手な花火は打ち上げられませんが、
だからこその時間を大切に、日々、精進を積み重ねてまいります。
本年も、どうぞよろしくお願い致します。

このページをご覧いただいたいる方々、お気軽に近況連絡、待ってます!

ゴールデンルールス・コンサルティング株式会社
代表取締役
芦田 弘毅

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。