FC2ブログ

GR体験記

芦田やGRメンバーが皆さんに知ってもらいたい人・事柄を紹介することをメインとしたブログです。毎月1日更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DPCマネジメント研究会学術大会(第24回)

初めて投稿します、GR5号です。

9月3日、晴天の明治大学駿河台キャンパス、アカデミーコモンでDPCマネジメント研究会の学術大会が開催されました。
s-kaijo_huukei.jpg

DPCを推し進める厚生労働省や中医協のDPC評価分科会、活用する各病院の医師や看護師、様々な立場からの貴重な講演の数々。定員を超える申し込みがあったようで、晴天の日曜日にも関わらず200名以上の方々が熱心に聞き入られてました。
弊社の芦田も、DPCマネジメント研究会の理事として、DPCマネジメント研究会のベンチマーク部会報告を行いました。

170903program

診療報酬請求のために提出するDPCデータですが、そのデータの活用の可能性は幅広いです。その一つが、より良い医療提供のために自院だけでなく類似する他院の情報と比較検討するベンチマーク手法です。収益の確保という観点での分析もいいですが、医療の質や政策の浸透度を評価するための手法としても、DPC分析は有用です。今回は、前回診療報酬改定時に、新設された加算項目がどれくらい病院に浸透してきているか、各病院における概況をDPCデータを活用しながら報告しました。

s-ashida1.jpg


また、DPCマネジメント研究会では、当部会で制作した簡易的に分析できるツール(略称「DPC ga PON」!)も
無償公開しています。
(ちなみに、DPC ga PONは、DPC Giant Analysis system for the Point Out Numeric trendの略とのこと!)
お手軽に使えますが、発足当時からのDPC公開データを使っていて、自院や自分で選んだ比較病院の10年推移が簡単に見やすくできているので、面白いのではないでしょうか。

DPCgaPON2_1.png
DPCgaPON2_2.png

それから、DPCマネジメント研究会では、ベンチマーク部会により、有志の希望病院を募って、ベンチマーク分析を無償で行うとのことなので、ご興味ある病院は、申し込み・お問い合わせをぜひしてみてください!

BM部会趣意

私たちGRも、DPCマネジメント研究会をはじめとして、日本医療の役に立つ学会・研究会に対して、微力ながらお手伝いを積極的に続けて参りたい所存です。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。