FC2ブログ

GR体験記

芦田やGRメンバーが皆さんに知ってもらいたい人・事柄を紹介することをメインとしたブログです。毎月1日更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

診療報酬改定2016所感

さぁ、先日3月末日に、疑義解釈パート1も出て、
診療報酬改定も最終コーナーの感ですね。

コンサルタントしては、制度の「説明」ではなく、「活用」が役割なので、
クライアント価値としては、ここからが勝負だと心しています。

しかし、今回の診療報酬改定をどう捉えるか、
濃口か薄口か?、甘いかしょっぱいか?、悲喜こもごもかも。
改定の評価としては、医療サイドからも、甘い改定ではないのでしょうけど、
そのメリハリぶりなど結構評価している声を聞きますね。
皆さんはどう感じられてますか?
マクロ(医療行政)と、ミクロ(自院事情)と分けた視点で、また語りましょう!

マクロ(医療行政)でいえば、GRの印象としては、
あまりぶれずに、かつ、うまく着地点を見出したイメージでしょうか。

でも、本当のインパクト、各病院にとってプラスだったかマイナスだったか、
短期的視点でも、実際、半年やってみて、
たとえば、経過措置が切れる10月以降ぐらいでないと、見えないでしょうね。

中期的視点で見れば、改定を機に、
社会に合わせて病院の構造改革が図れて良かったかどうか
みたいな評価で見るためには、
もっと、長い目での評価期間が必要なわけですし。

今回の改定ポイントは、立場によって、いろいろ分かれるわけですが、
私自身としては、やっぱり、
「機能分化の色分けがどれくらい進むか」という視点で
見てみたいと思います。

ざっくり書けば、
①大学病院
はまぁ置いておいて(笑)、

②中核病院(2群・総合入院体制加算)、
③一般急性期病院、
④地域包括ケア病棟・回復リハ病棟を持つ一般急性期病院、
⑤療養

とした時に、③一般急性期病院の振り分けとして、
②の先鋭化と、どこまで④に取り込まれていくか、
もっといえば、②でもない、④でもない、③一般急性期病院という存在が、
どこまで社会に許容されるのか?

また、精神科医療の総合病院への組み込みや、
在宅をベースとした「地域包括診療料(主治医機能」がどこまで定着するのか、
電子認証に基づくICTの活用
(処方箋・紹介状、はたまた、遠隔医療やバーチャルカンファレンス)が
どこまで進むのか、興味津々。

もっと、大きなテーマで言えば、
今回セットされた在院日数短縮圧力によって、
どれくらい病床機能報告で変化が出てくるのか。
病床のスケールダウン、医療スタッフの病院移動がどれくらい表出するか?

ある意味、コンサルタントとしても、
来るべき分析ニーズの変化をしっかり捉え直し、
分析手法を変革する時期に来ているかと思います。

あぁ、ドキドキ(笑)
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。