FC2ブログ

GR体験記

芦田やGRメンバーが皆さんに知ってもらいたい人・事柄を紹介することをメインとしたブログです。毎月1日更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在、ベンチマーク・サービス構築にまい進中です

会社を設立してから、3ヶ月目に入りました。
ホームページの雰囲気が、結構変わったと思うのですが、いかがでしょう?
今、ベンチマーク事業で提供させていただく各サービスのプログラム化に全力を注いでいます。こちらの目処が立ってこれば、病院の皆さんに知っていただくことに注力する段階に入りますが、説明を求められる病院さんには、実際、今の段階でも紹介に出向いております。日本全国どこへでも出向く所存ですので、皆様の院内で都合良いタイミングで、いつでも気軽にお声かけいただければ嬉しく思います!(03-6427-6382、info@g-rules.co.jp)

当サービスのWEBでの紹介はもうしばらく「乞うご期待!」といったところですが、どうしても解いておきたい誤解について、少し取り上げさせてください。
GRの当サービスの売りを、キーワードで表すと、「早い」「安い」「うまい」でもいいのでしょうけど(笑)、生みの親としての気持ちは、まず何より、「ボリューム(深さと幅)」と「分かりやすさ」の両立に、最大限の配慮をしていることを多くの方に分かっていただきたいです。

説明に伺った際、なんどか頂戴したご感想の1パターンとして、「GRさんの分析の質の良さ・レベルの高さは分かった」と言っていただくまでは、制作者として嬉しいことなのですが、その後、「でも、こんな質・量のアウトプットをどんどんいただいても、うちの職員では、使いこなせなくて無理。」「今、人員削減やカルテ更新の煽りを受けて、病院職員は疲弊している。これ以上の仕事はみんな無理だというだろう。」といった流れ。

こんなお言葉を頂戴する時、反論というより誤解を解きたくて、つい話が過ぎてしまうのですが、こちらの視点からの説明をすればするほど、営業マンとお客さんに近いような、それって自分のコンサルタントとしての信条からはどんどん離れてしまっていくジレンマを内心感じるのも事実だったりします。私がすこし暑苦し過ぎるのかも・・・(笑)

GRとしては、全部の病院に、全部の資料を使いこなしていただく前提ではなく、まずは、ここだけを押さえましょうという「概略」や、他院と比べて貴院だけが目立つ「ポイント」だけを明示した上、後は、「自分達が望むどおりに、深掘りができていく」「気になるところだけ納得いくまで調べられる」よう膨大なデータが準備されているという「階層構造」を武器としています。

また、分析分野は幅広く展開していく予定ですが、提出していただくデータ自体は、現場の負担が大きくならないよう、至極シンプルなもの、常識の範囲内以上に加工が不要なものを前提としております。データを出したからといって、こちらからのアウトプット全部に目を通さなければいけないというより、「逆引き」的に、気になる部分だけ、自分達が求める量だけ読んでいただければ、それでも充分なプラスになると思っているのです。結局、先例がない分、自院にサービスを導入した時のイメージを想像していくのが難しいのかもしれませんね。

高ボリュームイコール大変ではない2

ご多忙な方々にこそ、情報を整理しながら現状を把握して、優先順位を付けるために、このサービスをツールとして使っていただきたいと思います。例えば、どこかの部門が忙しかったとしても、その部門がボトルネックとなって、他の部門まで停滞しないよう、この資料をそのまま、用度部門、手術室、診療科、医事、企画職、薬剤部といった各部門に回すだけでも病院にプラスが起こることでしょう。

イソップ童話に、「忙しいきこりの話」があります。
ぼろぼろの斧で、玉の汗をかいて、木を切っているきこりがいて、周囲はもっと効率よく、そして、大量の木を伐採できるよう、斧の刃を研ぐアドバイスするのですが、当の本人は、「木を切るのに忙しい」ことを理由に拒否、非効率な現状が続く・・・という話です。

自分も人のことを言えた義理ではありませんが、まだまだ不完全な医療界で生きていくからには、やはり現状に甘えず、変化を恐れず、際限ない向上を目指していきたいものです。



スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。